農商工連携プロデューサー育成塾

  • お問い合わせ先・アクセス
  • サイトマップ
  • リンク
  • サイト内検索

ここから本文です

農商工連携プロデューサー育成塾について

「農商工連携プロデューサー育成塾」は農商工連携を成功させるためのポイントとして、農商工連携を具体的に構想し、それを実現に向けて推進する経営人財(農業、商業、工業、観光業などの経営者)の存在が重要であると考えの元に設立に至りました。育成塾では、様々な経営資源やネットワークを活用し、企業や地域において新たなビジネスを創出し、地域の活性化にもつなげられる次世代の経営人財(経営者及び将来の経営者)を育成します。

農商工連携プロデューサーとは

本育成塾では、東北において全国と比べ強い資源である「第1次産業(農林水産業)資源」に着目し、商業・工業・観光業などの経営資源を掛け合わせ、地域内外における事業者とのネットワークを構築・活用し、商品・サービスを開発・提供していく事の出来る経営人財・コーディネーター等を「農商工連携プロデューサー」と呼びます。

ページトップに戻る

カリキュラムに参加することで得られるメリット

1.地域資源を活用した差別化戦略(ビジネスモデルの構築の考え方等)を学ぶことができる

地域の第1次産業資源活用による商品・サービス開発を通じた、差別化につながるビジネスモデル構築の考え方等を学ぶことができます。

2.商品をブランド化するための戦略的視点を得ることができる

地域資源や加工品を正当に評価された価格で販売するため、「マーケティング」「販路開拓」「ブランド化」を経営的視点で戦略的に組み立てるための考え方を学ぶことができます。

3.学習をタイムリーに実務に活かすことができる

育成塾のカリキュラムは、実践重視です。学びながら自社の課題の発見と解決に向けた実践をしていただき、実践に対するアドバイスを講師、及び参加者相互で行うため、受講者は日々学習を実務に活かすことができます。

4.実践的なビジネスを創出するネットワーク(みちのく6次産業プラットフォームなど)に参加し、新ビジネスの早期自立化を図ることができる

育成塾では、第1期生が中心となって設立した農商工連携を推進する「みちのく6次産業プラットフォーム」をはじめ、意欲ある事業者・大学・行政・コーディネーター等のネットワークを構築し、農商工連携を活用しての新規事業創出や経営課題解決の支援を積極的に行います。また経済産業省・農林水産省・金融機関等の支援策を紹介し、ビジネスの自立化を支援します。

ページトップに戻る

育成塾に参加できる人

地域の資源を活かしたビジネスを2~3年で事業化したいと考えている人。また、それを支援しようと考えている人。
(農林水産省・商工業・観光業等事業者の経営者または将来の経営者・起業家、及び農商工連携のコーディネーター・金融機関等)
※今回は、自治体職員の方は対象となりません。

ページトップに戻る

農商工連携プロデューサー育成塾によって実現させること

実現させること

  • お問い合わせ先・アクセス
  • サイトマップ
  • リンク
  • ホームへ
  • ページトップへ

東北農商工連携プロデューサー育成コンソーシアム

農商工連携プロデューサー育成塾事務局
株式会社プロジェクト地域活性

〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡2-2-11 パスコ仙台ビル 7F

Copyright(c) Project Chiiki Kassei. All rights reserved.

お問い合わせ先 022-205-3540